研究・開発

資源再生から循環型ビジネスを

剪定枝や調理前の給食残渣を発酵させ作った有機肥料、さらにそれを使って生産した農産物からの商品開発・販売など、私たち日本海開発は“資源再生による循環型ビジネス”に取り組んでいます。

玄米ごはんパック研究開発中

  1. a
    剪定枝チップと給食残渣

    シルバー人材センターによるチップ化事業から出た剪定枝剪定枝チップと調理前の給食残渣を混ぜ合わせます。

  2. b
    有機肥料プラント

    これら再生資源を自社の専用プラント内で発酵させていきます。

  3. c
    JAS認定の肥料開発

    十分な発酵過程を経てJAS認定の有機肥料「ひかり太陽」となります。

  4. d
    生産者との連携

    取り組みに共感する稲作・畑作農家と有機肥料による米作り・野菜作りが進んでいます。

  5. e
    大学との共同研究

    県内大学との共同研究により、機能性も含めた生活に取り入れやすい玄米パックごはんの開発を進めています。(機能性の部分、玄米のGABA抽出やそれを吸収しやすい栄養素の抽出など)

  6. f
    玄米パックご飯

    地域資源の再生と活用から生まれた「ひかり太陽玄米パックごはん」を商品開発しています。

  7. g
    販路拡大の支援

    生産者と一緒に商談会や物産展に出展するなど、販路拡大をサポートしています。

廃棄物収集と再生から生まれた安全・安心な食

植物由来の有機肥料「ひかり太陽」を使い、土壌に含まれる菌や微生物を活性化させた土づくりを経て、稲作が行われています。そこで生産された生の玄米を低温熟成させ、さらに高温調理で炊き上げて、独特な食感を伴いながら「ひかり太陽玄米ごはんパック」が生まれています。玄米酵素が働き天然のアミノ酸が作り出されることで、酵素が作用し玄米本来の栄養価が高められます。

石川・富山・新潟・北海道というフィールドで

近隣の石川・富山・新潟の各県、さらに北海道の農業者と連携し、有機肥料「ひかり太陽」を使った安心安全な米作り・野菜作りが実現しています。さらに生産者の販路拡大をサポートするために、展示会や物産展の出展やECサイトでの販売サポートなども行っています。
http://hikaritaiyou.com/